Citizen Power: Postwar Reconciliation
  
Citizen Power: Postwar Reconciliation
Yasuko Claremont
The Oriental Society of Australia
ISBN: 9780959226928

市民の力と戦後和解

The year 2015 marked the seventieth anniversary of the end of the Asia–Pacific War. From 30 September to 2 October, the Department of Japanese Studies at the University of Sydney held a commemorative international conference entitled Wounds, Scars, and Healing: Civil Society and Postwar Pacific Basin Reconciliation, the concluding conference of our five-year project on postwar grassroots reconciliation. In conjunction with the conference, we held a photographic exhibition on the theme of reconciliation, a grassroots workshop, screened the 1953 film Hiroshima, and promoted the performance of a new Noh play in English entitled Oppenheimer. These events celebrated postwar reconciliation with a special focus on civil peace movements. The word ‘celebrated’ may seem inappropriate because Japan has still not achieved reconciliation with China and Korea for atrocities committed against their people. Nevertheless, we believe that efforts being made by civil groups should be acknowledged for their success in bringing about reconciliation at a face-to-face level. That is the purpose of this book featuring grassroots images in postwar reconciliation.

The photographs have been taken from the exhibition, with some additions. Though these photographs were taken privately, not professionally, they bring to light the unity and determination of small civic groups in Japan who are reaching out and creating new fields of friendship and understanding with their counterparts in other countries.

   — Taken from the introduction by Yaskuo Claremont

2015年はアジア・太平洋戦争終結後70年を記念する年であった。シドニー大学日本研究科では2011年から5年越しの「市民による戦後和解プロジェクト」の最終行事である国際学会を「傷跡と癒し:市民社会と太平洋圏の戦後和解」と題し、2015年9月30日から10月2日にかけて開催した。また、関連行事として、和解の写真展、草の根ワークショップ、映画『ひろしま』(1953年初上映)と英語創作能『オッペンハイマー』公演を学会開催中に行った。これら一連の行事は和解と平和を願う市民グループ活動の意義を祝うものであった。70年の月日が経過しても、日本が未だに中国と韓国で犯した残虐行為に対し、充分な和解を達成していない現状で、「祝う」という言葉は不適切であるかもしれない。しかし、私たちは市民グループの努力がかつての敵であった人たちと目と目を合わせたレベルでの和解に成功していることが認められるべきだと確信している。本書の目的はその立証をすることである。

本書に掲載の写真はシドニー大学フィシャー図書館に展示された上記の和解写真展の写真で、更に、その後に入手したものを加えた。写真は関係者の方々がそのつど撮影されたもので写真家の作品ではないが、日本のいくつもの小さな市民グループが他国の対応者との新たな友好と理解の場を創り上げていくその結束力と決意を示していると思う。写真の説明文は彼らの自発的活動の背景を伝えている。

   — クレアモント康子の紹介から


This book is printed in both English and Japanese.

この本は英語と日本語の両方で印刷されています。

Praise for Citizen Power

At a time of rising nationalism and xenophobia, this wonderful book highlights the extraordinary achievements of citizen-powered reconciliation between Japan and its former colonies and wartime enemies. The case studies presented in its pages provide inspiring models for others to follow, and give fresh hope for the future of ‘reconciliation from below’.
   —Professor Tessa Morris Suzuki, Australian National University

国家主義と外国人恐怖症が高まりつつある時に、この素晴らしい本は日本とその元植民地や戦時敵国だった国々との間で、市民の力による和解が驚くべき成果を上げていることに強い光を当てている。本書の事例研究は今後の和解運動に続いていく人たちを激励する手本であり、‘下からの和解’の将来に新たな希望を与えるものである
   —テッサ•モリス•スズキ、オーストラリア国立大学教授


This book offers a graphic illustration of the diversity and persistence of civil society groups in Japan pursuing postwar reconciliation. These longstanding and ongoing initiatives have been little known outside Japan or indeed across many academic disciplines, including legal studies. Yet this volume indicates how such grassroots activity plays a significant role in lobbying the Japanese government for law and policy change, on domestic and international planes, as well as supporting lawsuits for victim redress. By bringing this work together in an eye-catching and cohesive manner, Dr Claremont and her rich array of contributors have provided a major service to Japan and the Asia–Pacific community.
   —Professor Luke Nottage, Law School, The University of Sydney

本書は戦後和解を目指す日本の市民団体の多様性と持続力を、写真という実証を通して紹介している。長年に渡って継続されている彼らの自発的活動は、法学を含む多くの学術分野を通しても日本国外ではほとんど知られていない。本書はこうした草の根市民活動が、内政と外交の両面で日本政府に法律や政策の変更を求めることや、被害者補償の訴訟を支援することにおいても重要な役割を果たしていることを示している。本書は目に訴えかけ、しかも統一性を持った形でまとめられている。本書によって、クレアモント先生は多彩な協力者たちとともに、日本とアジア太平洋圏の共同体に対して大きな貢献をしている
   —ルーク•ノッティジ、シドニー大学、法学部教授

Contents

  1. Part 1: Testaments
  2. Part 2: Reaching out in understanding and friendship
  3. Part 3: Fostering the next generation
  4. Part 4: Ibaragi Noriko’s poem The Tale of Liu Liandren
  5. Part 5: Summation
  1. 第1部 遺言
  2. 第2部 理解と友好を求めて
  3. 第3部 次世代を育んで
  4. 第4部 りゅうりぇんれんの物語
  5. 第5部 終わりに

Permanent link to this page: http://purl.library.usyd.edu.au/osa/9780959226928.

  
Paperback
A$55.00